ノンケミカルとは | 人気顔用日焼け止め厳選5アイテム

MENU

ノンケミカルの日焼け止めとは

『ノンケミカル(ケミカルフリー)日焼け止め』とは、化学合成成分である『紫外線吸収剤』が使用されていない日焼け止め製品のことを指します。

 

 

紫外線吸収剤は、その名の通り紫外線を吸収して化学変化させ熱などのエネルギーに変換し放出することで皮膚の日焼けを防ぎます。化学変化は無害ではありますが、『日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまう』という人は、配合された吸収剤が刺激になっていることが考えられます。特に、敏感肌の方や肌のデリケートな小さな子供には負担が大きくなることがあります。

 

 

対して、ノンケミカル日焼け止めには『紫外線散乱剤』と呼ばれる成分が配合されています。この紫外線散乱剤は、配合された散乱剤(パウダーなど)で肌表面上に膜を張り、紫外線を反射・散乱させることで皮膚の日焼けを防ぎます。

 

 

化学変化ではなく、物理的に(鏡が光を反射させるように)紫外線を反射させるので肌への負担が少なくてすみます。また、原料は金属や粘土などといった自然に存在するものが多く、それらをパウダー状にして使用しているのが特徴です。これらのことから『ノンケミカル日焼け止め』は、お肌に優しい低刺激の日焼け止めと言われています。

 

ノンケミカル日焼け止めのメリット、デメリット

『ノンケミカル日焼け止め』のメリットは、先に書いたように、紫外線散乱剤が物理的に紫外線を反射し日焼けを防ぎ、原料も自然にあるものを使用している為肌への刺激が少なく負担が軽く済むことです。

 

 

敏感肌の方におススメしているだけに、アルコールやパラベンなどといった刺激のある成分を省き、お肌に優しい製品も多く見られます。

 

 

さらに、石鹸などで簡単に落ちるので肌に負担のかかかる専用のクレンジング剤も不要です。中には、お湯だけで落ちる製品もあります。

 

 

その反面、紫外線吸収剤使用の製品と比べると、白浮きしやすい、乾燥しやすく肌なじみが悪い、汗などに流されやすいといったデメリットがあるので注意が必要です。また、紫外線カットの持続時間が短いのでご自分の生活スタイルに合うものを選ぶようにしましょう。

 

 

このようなデメリットを解消するために、天然由来の保湿や美容液などのスキンケア成分を配合するなどの工夫がされているものもあります。

 

 

最近では、肌なじみを良くするためにナノ化された紫外線散乱剤を配合した製品も増えていますが、肌細胞よりも小さなナノ化された散乱剤が肌に入り込んで残ってしまうのでは?という懸念の声も聞こえています。

 

 

このような懸念を考慮し、直接お肌に触れないようにコーティングを施した紫外線散乱剤を配合した製品を選ぶのも一つの方法です。

 

 

その他にも、ウォータープルーフ処方で汗に強く、従来よりも塗り直しが少なくて済むなどといった製品も登場しています。また、価格面でもノンケミカル日焼け止め製品はお高めの印象がありますが、紫外線吸収剤使用の製品と同価格帯のものも一部販売があります。

 

 

このように、ノンケミカル日焼け止めは、デメリットを減らしお肌に優しく効果を上げるべく進化しているのです。