使用する順番は? | 人気顔用日焼け止め厳選5アイテム

MENU

日焼け止めを塗る順番

メイクと同時に日焼け止めを塗る場合、どういう順番で塗ればいいのか迷ったことはありませんか?メイクの下につけることはなんとなくわかっても、美容液や下地の前につけるのか後につけるのか、化粧品によっては微妙なものもあるので悩みますよね。

 

 

メイクの際に日焼け止めを塗る順番

 

特殊なものを除いて、基本的には化粧水→美容液→乳液→日焼け止め→下地→ファンデーションの順に塗るのが正解です。

 

 

日焼け止めと下地の順番で迷う方も多いので、「先に日焼け止めを塗る」というのは覚えておいてくださいね。日焼け止めと化粧下地には相性があって、悪いと長時間使用したときにヨレやすくなるので注意が必要です。可能であれば同じメーカーを使うと良いでしょう。

 

 

ただ、これは基本的な順番なので、商品によっては乳液と美容液の順番が逆になったり、「下地の必要なし」「日焼け止めの必要なし」というものもあります。プチプラ商品であればさほど気にすることはないですが、高級ブランドのものはそれぞれ個性があるので使用方法を確認するようにしてください。

 

日焼け止めは化粧下地の代わりになる?

スキンケアでいくつもの化粧品を使った後に、日焼け止め→化粧下地→ファンデーションと塗るのは時間がない時など特に面倒に感じますよね。「日焼け止めが下地の代わりなら楽なのに」と感じたことがある人も多いかもしれません。

 

 

ということで、有名メーカーの日焼け止めについて調べてみました。結果、ほとんどの日焼け止めで下地の代わりとして使えることがわかりました。商品の説明書きの部分に「化粧下地としてお使いいただけます」と明記されているものもあるのでそういったものを使うと安心です。これは、プチプラだからとかブランドものだからというのは関係ありません。

 

 

ただし、オーガニックであったり赤ちゃん用の日焼け止めの場合、一部で下地としての機能を十分に果たせていないものもあるようです。トップページでご紹介しているHANAオーガニックのウェアルーUVについては、下地としての使用が可能です。

 

 

逆に下地に日焼け止めの効果はある?

 

こればっかりは、「商品による」としか言いようがありませんが、UVカット機能があるものはその商品のメリットになりますので必ず商品のパッケージなどに詳しく明記されています。

 

 

特に、夏の時期にドラッグストアやデパートなどに並ぶアイテムには、UVカット効果のある下地やファンデーションが多いので探さなくても見つけやすいと思います。

 

 

UVカット成分が含まれるものには、肌への負担が大きいものもありますので敏感肌の方は購入の際にどんな成分が入っているのかチェックすることが大切です。また、クレンジング、洗顔でしっかりと洗い流すようにしましょう。