人気顔用日焼け止め厳選5アイテム | 比較・口コミ・レビュー

MENU

HANAオーガニック ウェアルーUVの特徴

ウェアルーUV

無添加コスメで定評のあるHANAオーガニックの日焼け止め「ウェアルーUV」。SPF30、PA++と数値的には少し低いですが、日常生活での使用であれば肌への負担も少なくおすすめです。植物原料中のオーガニック比率は98.5%。元々あったピンク系の肌色に加えてイエロー系の新色も登場。

 


ウェアルーUV 3つのポイント

SPF30で肌ストレス0

ウェアルーUVのテクスチャウェアルーUVとその他の日焼け止めでいちばん違うのが肌に乗せた時の軽さ。美容クリームのような軽さでスッーと伸びて肌になじみます。日焼け止めクリーム独特の匂いが少ないのもポイント。また、石油由来成分不使用で、酸化チタン等のミネラル成分はアミノ酸でナチュラルコーティングしているため肌に直接触れないように配慮されています。

 

 

美容成分85%オーガニック比率98.5%

オーガニックローズウェアルーUVは全体の85%を美容成分が占めています。(UV成分は残り15%)オーガニックローズに含まれるポリフェノールやアロマオイルが、日中の紫外線によるダメージをケアし、肌の老化を防ぎます。その他、保湿効果が期待できるホホバオイル、ツバキ油なども配合。サラッとしたテクスチャーでありながらしっかりと肌内部の潤いをキープします。

 

光をコントロールしてカバー力アップ

ミネラルウェアルーUVは、光をコントロールする特殊なミネラル配合で、ファンデーションでは作れない透明感を作りだします。ピンクベージュは、ほんのりピンクがかった生き生きとした肌に、イエローベージュは、赤みを抑えワントーン明るい肌に仕上がります。ちょっとしたお出かけなどナチュラルメイクにしたいときは、ウェアルーUVだけでOK。しっかりメイクの時には、相性の良い専用パウダーをおすすめします。

 

ウェアルーUV Q&A

日焼け止めなのにどうして白浮きしないの?

ナノ化原料を使わないと白浮きしやすくなると言われていますが、ウェアルーUVは、独自のオイル分散処理で粒子間の配置を整えているため白浮きを防ぎます。

 

ナノ化原料をコーティング

 

オーガニックだと何がいいの?

オーガニック原料は、通常の植物と比べ抗酸化作用が高く保水性を維持できることが分かっています。エイジングケアを優先させたい方には特にオーガニック製品をおすすめします。

 

オーガニックの特徴

 

具体的な使い方を教えてください

スキンケアの後に1~2プッシュを顔全体に塗ります。ファンデの下地に使用する場合は1プッシュで、ウェアルーUVをファンデ代わりに使用する場合には2プッシュがベスト。指先で優しくなじませていってください。

 

 

>>ウェアルーUV送料無料ページはこちらHANAオーガニック